赤ちゃんの便秘原因は成長と共に変わるようです。

初めての出産で赤ちゃんが生まれると大きさや泣き声などすべてがかわいらしくて嬉しいものですが、生活はというと赤ちゃんが生まれたことで激変しますね。

生まれる前には雑誌やネット、友人などの話ではある程度心構えができていたものの、実際となると分からないことだらけと言う人もいるかと思います。

「便があまり出ていないけど大丈夫かな」

と思うこともありそうです。

赤ちゃんは泣き声で私たちに何かを訴えてくれますが、それが何かをくみ取るのも難しいときもあります。

赤ちゃんの便秘は成長によって原因が変わるようですね。

大きくなっていくに連れて食事内容は変わってきますね。

初めは、ミルクや母乳での栄養ですが、離乳食が始まるとおかゆの上澄みや野菜スープなど固形ではないもから始まり、だんだん固形物になっていきますね。

1~2日排便が無く便秘かもしれないと思っても、その子のペースがありますから元気で機嫌が良い場合はさほど心配しなくても良いようです。

気になるようでしたらマッサージをしてあげるといいと言われますのでやってあげてください。

赤ちゃんの排便がなかなかでず便秘だと心配してしまいますね。

まず原因を調べようと同じような症状がないか調べてみると思います。

原因は食べているものと深い関わりがあると言います。

排便ペースは赤ちゃんによって異なりますので、他の子が沢山出ているからと言って気にしなくてもいいと思います。

おへそを中心としたお腹を「の」

のマッサージをするのはよく聞きますね。

お腹を優しくなでるように、時計回りにさすってあげると排便が出ると言われています。

足のストレッチマッサージも良いようで、ふとももとひざでお腹をなでてあげるようです。

お母さんと触れ合っていると赤ちゃん自身も喜びます。

「キャッキャ」

と笑ってくれると思います。

お母さん自身も便秘のマッサージとはいえ、赤ちゃんが触れ合いを喜んでくれると嬉しくなりますね。

私がこのような症状の時に参考にしたのがコチラになります。

赤ちゃんが便秘になって困っている方へ

歌を歌いながらマッサージしてあげると触れ合いが楽しくなります。

あまり神経質にならないようにしたいですね。