便秘気味の赤ちゃんはエクササイズで体を動かしてあげよう。

大人でも便秘の時はすこし気分がすぐれなかったり、お腹の辺りが気になったりしますよね。

赤ちゃんはどうでしょうか。

言葉を話さないので何とも言えませんが、苦しい時もあるかと思うと何とかしてあげたいと思いますね。

赤ちゃんは、ごろごろ転がったりハイハイをするようになったりすると、大人が思っているよりよく動いています。

家事をしていて「あれ、どこにいったのかな?」

と思っているとさっき見ていた場所と全然違うところまで転がっていくこともあるようです。

転がっていることでもそれが運動になってそのうち排便となって出てくるだろうと思いますが、あまりにも気になるようでしたら、赤ちゃんにエクササイズをしてあげても良いかと思います。

軽めに体を動かせるような、赤ちゃんが喜ぶような運動ができると良いですね。

運動をすると腸の働きが良くなります。

腸を動かす環境つくりも大切ですね。

適度に水分の補給は忘れないようにして、みんなが快適に過ごせるような毎日でありたいと思いますね。

生まれてからの1年間は赤ちゃんにとってめまぐるしい成長の1年ですよね。

泣いてうまれて、首が座り、寝返りやハイハイをして日を追うごとにできることが多くなっていくと成長を見守るのも楽しいですね。

触れ合い遊びも楽しくなりますね。

赤ちゃんの中にも少し便秘になりがちの子もいます。

排便はその子のペースがあると言われるように、毎日しなくても各日に必ずある子もいます。

深刻に考えなくても良さそうな気もしますが、あまりに出ないとなるとちょっと考えないといけないかもしれないです。

まず食事を見直すことから始めたいです。

食べているものが偏っていると便秘になることはあります。

栄養のバランスをしっかりと考えないといけないです。

大人と同じですね。

食べ物でも、食物繊維や乳酸菌と言った、腸に効いていく食べ物は効果的だと思います。

これらが不足しないような献立を考えていきたいですね。

睡眠もしっかりととり、体のリズムを整えてあげると自然と排便のリズムができると思いますのでやってみてください。