赤ちゃんの排便のタイミングはそれぞれです。

生まれたての赤ちゃんは排便が多いものです。

大人と私たちからしてみると羨ましいと言う声もありそうです。

乳児期の場合は、赤ちゃんの腸の発達の影響もあるようですし、授乳回数が減ることでも影響を及ぼすそうです。

機嫌が良くて、母乳やミルクを吐き戻すと言ったことが無い限りは様子を見てみても良いようです。

排便ペースは赤ちゃんによって違うものですので、じっくり観察してリズムを知っておいた方がいいですね。

母乳の量が足りていないためになってしまっているのかと心配することもあります。

完全ミルクの場合、消化に時間がかかっていることもありますので良く調べたいものです。

マッサージも取り分け有効で、時計回りにお腹をさする「の」

の字のマッサージがいいですね。

時にはお尻のマッサージがいいこともあります。

軽くとんとんをたたいてマッサージをする方法のようです。

適度な運動として寝返りを打つだけの赤ちゃんにはなるべく体を動かすことができるマッサージをやってあげたいですね。

便秘にならない食生活も大切ですね。

赤ちゃんが生まれると触れ合い遊びが楽しいですよね。

相手をしているといろんな表情を見せてくれるので愛おしいとおもいますね。

おむつを替えているときに気になるのがおしっこの回数と排便の回数です。

特に便が毎日規則正しく出ているようなら何の問題もないのですが、2、3日出ていないとなると便秘かもと気になってしまいます。

それぐらいの日数で赤ちゃんが便秘になるのか調べたくなります。

便秘気味になってきた時は、まず水分が足りているか確認しておきたいですね。

お散歩に行ったり、お買いものに行ったりなどお出かけしているとよほど暑いと感じないと水分を与えるのを忘れてしまうこともあります。

あげようと思った時に寝てしまっていると水分をあげるタイミングを失ってしまうこともありそうです。

一気に大量の水分は飲めないと思いますのでこまめに少しずつあげていきたいです。

特に暑くなる季節は注意したいですし、食事内容も注意していきたいですね。

食物繊維を食事に上手くとり入れるメニューで改善できることもあるのでやってみたいですね。