赤ちゃんの食事内容を見直してみよう。

赤ちゃんの食事内容は成長と共に変わりますね。

食事がだんだん固形になっていき、量も次第と増えてきますがお通じの回数にも変化がでてきます。

新生児期には何度も排便がありますよね。

特に母乳栄養の赤ちゃんはおむつを替えるたびに排便をしている子もいます。

それが普通と思っていると少し月齢が経つと回数が少なくなっていくものです。

成長と食べるものが変化することによって排便ペースが変わっていきますね。

母乳栄養やミルクの子が食事で栄養がとれるとなると、不足しやすいのが水分です。

水分量が足りていないために排便がでないことはあります。

お茶やミネラルウォーターなど、意識的に撮らないと赤ちゃんはまだ言葉をしゃべりませんので周りの大人が気づいてあげないといけないことですね。

また排便の際に便を見て確認することもできます。

水分のたりていなさそうな便であると、飲み物をあげていかないといけないです。

全てはお母さんや周りでお世話する人にかかっていますので気をつけてあげたいですね。

食事内容を見直すと赤ちゃんの便秘原因が分かるような気がしますね。

大人でもそうですが、便秘のときには水分をこまめにとるようにしますね。

他にもヨーグルトを食べることもあります。

赤ちゃんも便秘気味の時は、乳酸菌を含んでいる食品を摂っても良いですね。

お店に行くと赤ちゃん用のヨーグルトも置いていますので、対策として食べさせてあげても良いと思います。

離乳食を食べるようになると水分補給が今までは母乳栄養やミルクでしたが麦茶などに変わってきますね。

赤ちゃんが飲める飲料はお店に行くと多くの種類があります。

プルーンジュースや桃ジュースも排便に効果があるようです。

食べたもの影響が起こりやすい時期へとなっていくとますます飲食関係に注意をしていきたいですね。

食事を見直すと意外と水分があまり摂れていないこともあります。

ご飯を作って食べさせるのは時間がかかったりお母さん自身が疲れたりします。

ちょっとした異変に気付くためにも日々観察をしてどうしても気になるようでした医者や保健師さんに相談してみて下さい。